本文へスキップ

第30回淡水翁賞(平成25年度) 


第30回淡水翁賞

第30回淡水翁賞の受賞者が決まりました

 去る2月6日(火)に第30回淡水翁賞選考委員会が開催されました。
 淡水翁賞は1983年に若手の金工作家を奨励するために設けられた賞で、今年度で30回を数えます。
 45歳以下という年齢制限を設けていますが、金属素材を使った作品であれば、どのような作品を制作している方でも応募頂けます。
 今回は力のある9名の作家の応募がありました。応募作品を通覧すると、オブジェ、伝統工芸、クラフトやジュエリーなど、鍛金、鋳金、彫金、七宝など様々な技法を駆使した個性豊かな作品が集まりました。
 その中から、第30回淡水翁賞に下記の4名が選出されました。
 選に漏れた方も、造形、技術とも素晴らしいものがありました。淡水翁賞は年齢制限はあるものの、何度でも応募することが出来ますので、再度、チャレンジして頂くことを願っています。

【最優秀賞】2名

岡本 佳子 
「接合せ菓子器「風輝」」ほか(銀、四分一、赤銅)


寸評
岡本氏の作品は、接合せの技法により文様を作り出した作品である。例えば「風輝」は銀と赤銅、6種類の四分一の板を接合せ、それを糸ノコで曲線的に切り、その間に銀線を挟んで、さらに接合せるという手間のかかる方法を採っている。しかも、器の周囲を16面体にして、その内12面をたたいて曲面にし、独創的な造形作品に仕上げている。技術の高さと、造形の素晴らしさが融合した見事な作品である。

岡本佳子「接合せ菓子器『風輝」 岡本佳子「接合せ花器『静響』

接合せ菓子器「風輝」
H.125×W.185×D.140mm
銀・四分一・赤銅

接合せ花器「静響」
H.110×W.160×D.60mm
銀・四分一

嵯峨 卓 
「ペンギン先生 〜青空散歩〜」ほか(銅ほか)


寸評
嵯峨氏の作品は、鍛金技法を用いて、動物や蛙などの生きものを造形化した作品である。「ペンギン先生」はシリーズもので、2013年度の作品は「青空散歩」。腹ばいになったペンギンが目印の「動物飛び出し注意」の看板の前を、一羽のペンギンが、空を見上げながら、ゆっくりと歩いている。その愛らしいペンギンの造形力も素晴らしいが、ネクタイピンから靴紐にいたるまでディテールまで丁寧に作り込んでおり、見事な作品である。

嵯峨卓「ペンギン先生〜青空散歩〜 嵯峨卓「福良蛙」
ペンギン先生〜青空散歩〜
H.1030mm(ペンギン本体670mm)
銅(ペンギン)
銅・鉄・ステンレス(看板)
福良蛙
H.120mm×W.150mm×D.200mm
銅・真鍮


【優秀賞】2名

秋濱 克大 
「幸羽流水」ほか(銅・金メッキほか)


寸評
秋濱氏の作品は、彫金の毛彫りの技法を駆使した羽をモチーフとした作品である。何百、何千と繰り返される毛彫りによって、羽を見事に造形化している。金属でありながら、暖かく軽いようだ。人を装う道具として、見事にその役割を果たしている。素材と造形力がマッチした素晴らしい作品である。

秋濱克大「幸羽流水」  秋濱克大「天」
幸羽流水
H.450mm ×W.300mm×D.100mm
パネル・銅・金メッキ
 
H.400mm ×W.300mm×D.50mm
銅・銀メッキ


見目 未果 
「小さな動物がやってきた 蝶は行ってしまった」ほか(ブロンズほか)

寸評
見目氏の作品は、青銅(ブロンズ)を素材とした鋳金による作品である。人物の持つ微妙な表情、指先の細やかな動き、それらを見事に造形化している。実際の人物を写したというより、ブロンズという素材により、また粘土で作られた原型の形状により、より人物の内面が表出している。素材を活かした造形力に感嘆する。

見目未果「小さな動物がやってきた 蝶は行ってしまった」  見目未果「きんきんくろまる」
小さな動物がやってきた 
蝶は行ってしまった

1050mm×550mm×500mm
ブロンズ
きんきんくろまる
150mm×150mm×150mm
ブロンズ・ガラス



淡水翁賞選考委員
宮田亮平(東京藝術大学学長)
中川 衛(金沢美術工芸大学教授)
原田一敏(東京藝術大学教授)