本文へスキップ

第31回淡水翁賞(平成26年度) 


第31回淡水翁賞

第31回淡水翁賞の受賞者が決まりました

 去る2月5日(木)に第31回淡水翁賞選考委員会が開催されました。
 淡水翁賞は1983年に若手の金工作家を奨励するために設けられた賞で、今年度で31回を数えます。
 45歳以下という年齢制限を設けていますが、金属素材を使った作品であれば、どのような作品を制作している方でも応募頂けます。
 今回は力のある9名の作家の応募がありました。応募作品を通覧すると、オブジェ、伝統工芸、クラフトやジュエリーなど、鍛金、鋳金、彫金、七宝など様々な技法を駆使した個性豊かな作品が集まりました。
 その中から、第31回淡水翁賞に下記の4名が選出されました。
 選に漏れた方も、造形、技術とも素晴らしいものがありました。淡水翁賞は、年齢制限はあるものの、何度でも応募することが出来ますので、再度、チャレンジして頂くことを願っています。


【最優秀賞】2名

糸賀 英恵 
「ちりぬるを」(銅、ステンレス、お歯黒仕上げ)ほか


寸評
糸賀氏の作品は、鍛金技法とTIG溶接技法により、自身がイメージする「うつろい」を表現した作品です。小さな平面体の銅板が、鎚で打たれ、溶接されることによって、たゆたい、拡張し、やがて、一見儚いような、それでいて力強さを宿した造形作品へと昇華されます。銅の素材感を活かしながら、「うつろい」を見事に表現した作品です。

糸賀英恵 《ちりぬるを》 糸賀英恵 《intro-duct》

ちりぬるを
H.1780×W.500×D.910mm
銅、ステンレス、お歯黒仕上げ

intro-duct
H.380×W.600×D.400mm
銅・緑青仕上げ

祝迫 芳郎 
「KYO-KEN」シリーズ
(真鍮、銅、銀、ステンレス、金属箔、樹脂)ほか


寸評
祝迫氏の作品は、彫金技法を主に、鍛金技法や樹脂を組み合わせた作品です。ブルドックやチワワ、羊などの可愛らしい動物が、無機質で暴力的な銃やライフル、日本刀を持つ姿は、様々な対立軸を含意しています。有機質:無機質、平和:戦争、安心:恐怖などなど、その二面性こそが祝迫氏の作品の魅力になっています。祝迫氏は多作の作家ながら、その一つ一つの作品の完成度は高く、祝迫氏の技量の確かさを物語っています。

祝迫芳郎 《KYO-KEN》部分
KYO-KEN ~パグ~ 革ジャン・機関銃
H.220×W.300×D.175mm
真鍮・銅・銀・ステンレス・金属箔・樹脂
KYO-KEN ~パグ~ 革ジャン・機関銃(部分)


【優秀賞】2名

長谷川 克義 
「鋳銅焼肌文花生『艙』」(青銅(ブロンズ))ほか


寸評
長谷川氏の作品は、蠟型石膏埋没鋳造という鋳金技法で形を作り、ミソ焼きと煮色着色、お歯黒仕上げによって、味わいのある表面に仕上げた作品です。その形は、一見すると、それほど複雑ではありませんが、直線と曲線が織りなす作品全体の形状と、ミソ焼きによる表面の自然な凹凸、煮色着色等による色味のバランスは絶妙で、見る者にほどよい緊張感を与えます。

長谷川克義 《鋳銅焼肌文花生『艙』》  長谷川克義 《鋳銅焼肌文水盤『四稜』》
鋳銅焼肌文花生「艙」
H.96mm ×W.327mm×D.98mm
素材:ブロンズ 表面処理:ミソ焼き 
着色:煮色、オハグロ 
鋳銅焼肌文水盤「四稜」
H.44mm ×W.280mm×D.280mm
素材:ブロンズ 表面処理:ミソ焼き 
着色:煮色、オハグロ


荒川 朋子
「Angelo」(ステンレス線〈バネ〉、真鍮線)ほか

寸評
荒川氏の作品は、金属線を編んで立体造形にした作品です。荒川氏は、もともと染織作家でしたが、近年は、立体的で構築的な造形を目指し、金属線を使用した作品も数多く制作しています。例えば、Angeloは、素材の特性を活かした、金属線ならではの軽やかで、それでいて柔らかな形の作品で、金属線と光によって作られる影もまた、魅力的な作品の一部となっています。

荒川朋子 《angelo》  荒川朋子 《Flow》
Angelo
h.550mm×w.400mm×d.15mm
ステンレススティールバネ線・真鍮線
Flow
h.500mm×w.400mm×d.200mm
ステンレススティールバネ線・真鍮線



淡水翁賞選考委員
宮田亮平(東京藝術大学学長)
中川 衛(重要無形文化財保持者)
原田一敏(東京藝術大学教授)